下眼瞼(下まぶた)たるみ取り(結膜法 皮膚切開法) | 渋谷の森クリニック

下眼瞼(下まぶた)たるみ取り(結膜法 皮膚切開法)

下眼瞼(下まぶた)たるみ取り(結膜法 皮膚切開法)について

目は加齢による影響が元も出やすい部位です。重力の影響でたるんだ皮膚、目袋を取り除くことで施術前と施術後とでの印象に変化が生じます。目の周りは皮膚が薄い分、傷口の治りがキレイに仕上がります。老けて見られる、ふくらみがクマに見える方にオススメの施術です。

下眼瞼(下まぶた)たるみ取り(結膜法 皮膚切開法)の施術料金

回数/単位/タイプ 料金
上瞼脂肪取り 結膜法 脱脂 \210,000
上瞼たるみ取り 皮膚切除 \300,000

その他の料金についてはこちら

アクセス

渋谷の森クリニック
東京都渋谷区神宮前6-18-1クレインズパーク4階
副都心線 明治神宮前駅 7番出口 徒歩5分
JR線 渋谷駅 宮益坂口 徒歩8分
TEL:03(3409)5959 フリーダイヤル:0120(612)777
診療時間11:00~22:00
お電話受付時間11:00~20:00
初診受付は19時半までとなります。

メッセージ

渋谷の森クリニックでは、「患者さんの声」を大事にしております。
丁寧な説明をおこなった上で、 一人ひとりのご事情に合わせ、ご満足をいただけるように治療方針を立案しております。
お悩みやご希望についてお気軽に話をいただければ幸いです。
ご納得のいくまでどんな事でもご相談ください。

無料カウンセリング予約

お問い合わせ

ページトップへもどる

渋谷の森クリニック

Copyright © Shibuya Mori Clinic All Rights Reserved.

施術の詳細を表示する×

施術名下まぶた脂肪取り(結膜法脱脂)
施術の説明加齢とともに現れる「目袋」と呼ばれる目の下の膨らみ。更にこれがたるんで下がってくると、いつも疲れているように見られ、実年齢よりもはるかに老け込んで見えてしまいます。
この手術は、メスを使わずにまぶたの裏側から脂肪を取り除きます。比較的短い施術時間で、膨らみの原因である脂肪を取り除き、目の下をすっきりさせることができます。
施術の副作用
(リスク)
内出血・仕上がりの左右差(片目ずつ手術をする場合)・目の下(下瞼)にくぼみが生じる(脂肪を取り過ぎた場合)・脂肪を除去した部分の皮膚に小じわが増えるなどの可能性あり。
施術名下まぶたたるみ取り(皮膚切除)
施術の説明目は加齢による影響が最も出やすいパーツです。その原因は、重力の影響で目の周りの筋肉が落ち、皮膚が伸びてしまうことで、化粧品では解決できない「目の下のたるみ」を招いてしまうことがあります。伸びてしまった余分な皮膚を取り除けば、たるみが改善されます。
この手術では、下まつ毛の生え際で目の下のたるみを切除して縫い合わせることで、ハリのある肌へと修正していきます。目の周りは皮膚が薄い分、傷口の治りがきれいに仕上がります。
施術の副作用
(リスク)
内出血・仕上がりの左右差(片目ずつ手術をする場合)・下まぶたの外反(反り返り)・下三白眼(下まぶたの皮膚を取り除き過ぎた場合)・アートメイク(アイライン下)が取れるなどの可能性あり。