渋谷の森クリニック

モニター募集 WEB予約 アートメイクWEB予約
渋谷の森クリニック
2017/02/28

オイルクレンジングが肌荒れの原因?~表参道・原宿エリアの渋谷の森クリニック~

今回はオイルクレンジングについて紹介します。

クレンジングの種類として、大まかにあるのが、オイル、ジェル、クリームの3タイプだと思います。
オイルクレンジングが良くないということは広く知られていて、ジェルやクリームのクレンジングを使用している方が多いです。

では、なぜオイルは避けた方がいいのか?
というところまではあまり知られていないので、オイルクレンジングのメリット、デメリットを簡単にご説明します。

オイルクレンジングのメリットとしては、洗浄力が強く、クレンジングの時間も短く、濃いお化粧も簡単に落とせるというところだと思います。
しかし、それだけ洗浄力が強いという事は、肌の必要な油分までも落としてしまうというデメリットがあります。

オイルクレンジングのほとんどに「界面活性剤」が使われています。
界面活性剤とは、水と油など性質の違うものの境界を変化させる物質の事です。

例えば、水と油だけだと混ざり合わないもの同士ですが、ここに界面活性剤を入れると混ざり合うようになります。
この性質を生かし、界面活性剤は普段、日常で使うものの多くに使われています。
油を使って炒め物をしたフライパンを水だけで洗っても油は落ちませんが、食器洗剤で洗うと油分も綺麗に落とせますよね?

なぜ、洗剤で油汚れが落ちるのかと言うと、水だけでは落とせない油分を界面活性剤の力で落としているためです。

では、普段使っているファンデーションやマスカラなど、化粧品には油分が含まれています。
化粧品の油を落とすために、洗浄力の高い界面活性剤が含まれたオイルクレンジングを使用すると、短時間で綺麗に落とせると言う事です。

またオイルクレンジングの中には、「合成界面活性剤」という石油系のものが使われているものもあります。
この成分はより洗浄力が強く、肌荒れを起こす原因とされています。

合成界面活性剤はタンパク質を破損する性質があり、湿疹やかぶれ等を起こしたり、乾燥を促進し、シミやシワなどもできやすいと言われています。
また残留性も高いので、通常のすすぎだけではなかなか洗い流せません。

クレンジング、洗顔はすすぎもとても重要な行程ですが残留性が高い為、大体の方が不完全なすすぎになり、肌荒れ、ニキビの原因となってしまいます。
私達が日頃使用しているシャンプーや石鹸など、たくさんのものに界面活性剤が含まれているので、界面活性剤を使用しない生活はなかなか難しいですが、せめて肌にはそのような成分が含まれていない物を選んでみてください。

また、全てのオイルクレンジングに合成界面活性剤が含まれているということではないですが、しっかりメイクになりがちな目元はオイルクレンジングを使用し、目元以外はジェルやクリームタイプのクレンジングを使用するなど、自分に合った方法を試してみてください。

 

 


▽ご予約はこちら

・お電話のご予約は
0120-612-777

・ウェブでのご予約は、下記リンクからお願いします。
http://shibuyamori.com/contact/

診療時間11:00~22:00 休診日:水曜日
初診受付は19時半までとなります。

▽アクセス

150-0001
東京都渋谷区神宮前6-18-1クレインズパーク4F

 

美容外科 アートメイク 医療脱毛 渋谷の森クリニック

住所
東京都渋谷区神宮前6-18-1クレインズパーク4階
アクセス
副都心線 明治神宮前駅 7番出口 徒歩5分
JR線 渋谷駅 宮益坂口 徒歩8分
電話番号
TEL:03-3409-5959
診療時間
10:00~19:00
初診受付は18時までとなります。

inquiry inquiry

電話予約・お問合せはこちらから

お電話でのお問い合わせ